「融資と貸付」「キャッシングとローン」の違い

2016年8月5日

現金を借りるための方法では、現在では消費者金融を利用する方法、銀行を通じて借りる方法が一般的に行われています。この方法に関しては基本的には同じようなニュアンスを持っているものになり、両方共借金を簡単に行うことができる方法として広く利用されている内容です。
しかし、融資と貸付、キャッシングで即日借りれる【最短1時間融資】とローンに分けることができ、この両者に関しては少しの違いが生じていることも事実です。キャッシングの場合では一般的には消費者金融を利用して融資を受ける方法になり、いわゆる貸金業者から借りる方法になるので、総量規制の対象になっていて、年収の3分の1までの融資に限定されていることが大きな特徴です。
一方で銀行の場合ではカードローンなどが該当していて、銀行法に基づいていることになり、総量規制の対象外とされています。そのため、年収によって貸付額が限定されないことも基本になり、大きな金額を借りることに向いている方法です。
返済方法についての違いもあります。消費者金融の場合では比較的少額の借り入れに限定されていることもあり、翌月の給料日などに一括払いで返済を行う方が多いものですが、銀行のカードローンの場合では、分割でリボルビング払いを基本としていて、口座から自動的に引き落としなどの方法で返済を行うことになります。
キャッシングの場合では少額を借りるための方法として利用することができ、それ以上の金額を目的にしている場合では、カードロンを利用することになり、少しの違いが生じています。